ストレスが身長の伸びを妨げる!?

ストレスが身長の伸びを妨げる!?


身長が大きく伸びると言われているのは第二次性徴期と呼ばれる時期で、平均で男子は11歳半、女子は10歳頃がこの時期に相当します。 そして、男子は18歳、女子は16歳頃までが身長が伸びるピークとされており、一般的に「成長期」と言われているのは男 女共に小学生~高校生くらいと言われています。

身長を伸ばしたい…モデルや芸能人のようなスラッとした体形を手に入れたい…など、外見を特に気にする若者が増えてきている昨今、どうしたらこの成長期に身長を大きく伸ばすことができるのでしょうか。 身長に関しては「睡眠・食事・運動・精神状態」など多くの要素が関係しています。

そして、子どもの身長を伸ばすために必須なのが ”成長ホルモン”と呼ばれる脳下垂体から分泌されているホルモンで、このホルモンは適度な睡眠や良好な精神状態を保つことで大量に分泌されます。 そのため、日常生活においてストレスを感じやすい子に関してはこの成長ホルモンの分泌が減ってしまい、結果として身長の伸びが悪くなる場合があるようです。

特にこの成長期における子どもは精神的な部分が完全に成熟していないため、学校生活や家族・友人関係など些細なことで悩みやストレスを感じてしまう傾向にあります。

また、最近ではネットやSNSにおける誹謗中傷やいじめなど、子どものストレスが溜まりやすい世の中になってきていることも懸念されています。

ストレス社会の現代において子どもの健やかな成長を守るためには、子どもがストレスを軽減できる環境を作ることも親の役目のひとつなのかもしれませんね。

↑ PAGE TOP