子どもの身長を伸ばす効率的な睡眠のとり方

子どもの身長を伸ばす効率的な睡眠のとり方


子どもの身長と睡眠には大きな関りがあり、より質の良い睡眠を取ることで、身長を伸ばせる可能性が高まります。
しかし最近では、習い事やゲームによって睡眠時間が削られ、短くなっていることが問題となっています。
成長ホルモンの分泌を促すためにも、十分な長さの質の良い睡眠を取れるよう意識しましょう。

そのためにまず大切なのが、早寝早起きを心がけ、規則正しい生活を送ることです。

朝食を抜かずに三食きちんと食べ、日中は適度に体を動かして日光を浴びます。
そうして夜更かしせずに寝ることで、1日の生活にメリハリがつくようになります。
生活が乱れると睡眠の質も乱れてしまうため、注意しましょう。

また、寝る前の食事を避けることも大切です。
寝る前に食事をしてしまうと、胃の中に食べ物が残った状態のままで眠ることとなり、眠りが浅くなります。
そうすると成長ホルモンが十分に分泌されなくなってしまいます。
食事は眠る2時間前までに終わらせるようにしましょう。

また、眠る前には静かで落ち着いた環境を作ることが大切です。
パソコンや携帯の画面など、強い光を発するものを見るのは控えます。
強い光は脳を興奮状態にしてしまうため、眠ろうとしても寝つきが悪くなってしまう可能性があるためです。

そして、部屋の照明も薄暗く控えめに設定するようにしましょう。
そうすることで子どもが眠りやすい環境が整い、スムーズに就寝することができます。以上のことを心がけ、効率よく質の良い睡眠をとれるようにしましょう。

↑ PAGE TOP